【寝屋川市】へぇ~!雑紙の分別でデザートがもらえるんだって! 「雑紙回収袋」配布で家庭の分別意識を向上!

寝屋川市は、ごみの減量やリサイクルを促進するため、2020年10月から、市内の全市立小中学校に雑紙などの回収ボックスを設置し、生徒・児童から各家庭の雑紙などの回収を呼びかけ、デザート等で還元する事業を実施しています。

デザートをもらって笑顔の子どもたち(寝屋川市企画3課提供)

令和2年度は、1,190kg の雑紙等が回収され、市内全市立小中学校の生徒・児童全員にりんごタルトやクレープ等が配られました。

雑紙回収袋(縦 37cm×横 32cm×幅 11.5cm)寝屋川市企画3課提供

2021年7月には、新たな取組みとして、市内全市立小中学生に対して、ごみ減量推進オリジナルキャラクター「フッくん」が描かれた「雑がみ回収袋」を配布しました。
「雑がみ回収袋」は、燃えるごみに捨ててしまいがちな古いノートやティッシュの箱などの雑紙を分別し、家庭で一時的に保管しておくための紙袋です。

寝屋川市企画3課提供

雑紙を出す時は、回収袋から取り出した後、学校設置の回収ボックスに入れたり、地域の資源集団回収に出したりなどの方法によりリサイクルします。

ごみ

企画3課提供

可燃ごみには約16%の雑紙が混入しているのが現状で(平成28年度・市ごみ質調査)、回収袋自体には、雑紙の出し方や回収できる雑紙の例示などを掲載しており、紙ごみを廃棄する際に、子どもたちやその家族に理解してもらうことで、これまで燃えるごみに混入されていた雑紙の分別を図ります。
ひとりひとりのちょっとした意識の変革がごみの減量やリサイクルの促進につながり、またデザートに変身するならば子どもたちも喜んで分別するのではないでしょうか。

寝屋川市企画3課提供より情報提供いただきました。

【寝屋川市】今までゴミとして捨てていた雑紙の分別でデザートがもらえる! 小中学校に雑紙などの回収ボックス設置でごみ減量とリサイクル促進!

【寝屋川市】新型コロナウイルスの影響でアプリ『もっと寝屋川』のインストール数が3万越え。「これって何ごみ?」の利用が3倍に。

寝屋川市役所はこちら↓↓↓

2021/10/11 07:18 2021/10/11 07:18
neyamon
ジモネタ寝屋川
号外NET他の地域

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

編集部スタッフが読んでよかったと思う地域ニュース:トピックス

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集