【寝屋川市】2021年6月1日よりいよいよ旧イオンモール寝屋川の本格解体工事が始まります。5月末、外構から解体準備に着手。

寝屋川市の大規模商業施設として市民に愛されたイオンモール寝屋川は1978年3月24日にジャスコを核に「寝屋川グリーンシティ」として開業し、38年間営業していましたが、老朽化や耐震性の課題のほか、多様化する消費者ニーズに対応するため、イオンモールが建て替えを決め、2016年8月31日多くの市民に惜しまれながら営業を終了しました。

当初、新たな商業施設として再生し、詳細なスケジュールや新施設の概要は決定次第公表するとしていましたが、2019年3月まで内科が退去命令に従わず診療を続けていたことから、閉店時そのままの姿をとどめていましたが、閉店から5年を経て、いよいよ施設の解体工事が始まりました。

2021年5月末、建物の外構部分にあった緑地部分から工事に着手しました。

駐車場の収容台数は約700台ありました。敷地面積は約2万2700平方㍍あります。

イオンモール寝屋川の建物本体などの解体撤去工事の期間は、2021年6月1日から2022年11月30日までの約1年半として、解体工事のお知らせが掲示されています。

解体工事は大林組が請け負っています。

2021年5月末の数日間で、緑地、自転車置き場だった部分は整地が進んでいました。

イオンモール寝屋川の規模は延べ約4万6000平方㍍で、約60店舗が入居していました。

国道170号線(外環状線)から立体駐車場に入る高架橋は2021年8月下旬頃から、南側の斜路などの撤去工事は2021年6月中旬から2023年3月末までの予定とのことです。

作業工程表によりますと、5月中には東側エリアの整地作業から始まった解体準備ですが、6月1日からはペットシティの内装材の撤去作業を並行して進めていくようです。
土曜日も作業を続け、日曜日のみ全休日となっています。

串亭まいどの建物も解体対象になっています。

串亭まいどのエリアも2021年6月1日~2022年11月30日の間で解体が行われる予定ですが、現在は右側の建物が現場事務所に使われているようです。

営業当時、グリーンシティの正面には、KSCねやがわスポーツクラブがあり、多くの老若男女がスイミングスクールや体操教室、スタジオプログラムに通い、水泳では多くの選手を輩出しました。
現在KSCねやがわスポーツクラブは池田1丁目に移転しています。

取り壊しになる建物のお向かいで、女性専用のジム、カーブスが営業しています。
カーブスが入居する建物はグリーンビル(土佐ビル所有)でイオンの所有ではないため、解体の対象とはなっていません。

大木が茂っていた駐輪場スペースも木が伐採されました。

この日は夕暮れに伴って空がピンクに染まりました。

歩道橋の上から西の空を見ると空がオレンジに輝いていました。

解体後についてですが、閉店当時の発表ではイオンモールの建て替えとのことでしたが、5年の月日が経ってニーズも変化しているので、改めて練り直す必要があるのか、現時点では発表されていません。

【寝屋川市】3月11日ウエルシア寝屋川緑町店がオープンしました!食品やお酒も扱うドラッグストア。

【寝屋川市】緑町のピザハット寝屋川店が移転し、八坂町の天一あとに6月3日新店舗オープン!

ウエルシアをはじめとする近隣の店舗は営業中ですが、工事中は大型車両が出入りすることが予想されますので、お気をつけて通行してください。

旧イオンモール寝屋川(寝屋川市緑町5-8)

2021/05/31 07:18 2021/06/05 01:36
neyamon
ジモネタ寝屋川
号外NET他の地域

編集部スタッフが読んでよかったと思う地域ニュース:トピックス

スマホで号外NETを簡単に見る方法とは?

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集