【寝屋川市】緊急事態宣言発令中!寝屋川市は『フェーズ5』広瀬けいすけ市長が動画で自宅待機を要請!

寝屋川市では2020年4月7日に国の「緊急事態宣言」の発出を受け、市民の安全確保を最優先として、市独自の対応フェーズを「5」(第1段階)に移行し、自宅待機要請を出しています。
自宅待機要請

現在、約2週間が経過しましたが、この間市民に「自宅待機要請」を防災無線や広報車で呼び掛け、新聞折り込み広告を活用した情報発信を行うとともに、市保健所が大阪府等の関係機関と連携・協働し、濃厚接触者の特定等の疫学調査などの感染拡大防止対策を24時間体制で進めています。
また、大阪府では、民間施設に対する休止要請を行うなど、感染拡大防止対策を社会全体で進めなくてはならない重大局面を迎えています。
こうした状況を踏まえ、寝屋川市では市職員の交代制勤務を4月20日(月曜日)から実施しています。

【寝屋川市】寝屋川まつりも中止決定!新型コロナウイルスによる万が一の職場全滅を防ぐため4月20日より寝屋川市役所で交代制勤務が始まります。

広瀬けいすけ市長によりますと、これは市職員が感染した場合にあっても、市民生活に必要な行政機能を維持するとともに、市職員の通勤途上や執務中の接触機会を低減し、感染防止を強化することを目的としたものということです。
これに伴い、一時的に窓口の開設時間の短縮、ブース数の縮小や手続の郵便受付への切替え等を実施しています。
市民の皆様には対応の趣旨をご理解の上、これによって市民窓口が3密とならないようご協力をいただきたいということです。

寝屋川市役所
パチンコ店やスポーツジム、カラオケ店については既に休業していますが、食料品を扱うスーパーについては感染防止に注意しながら営業しています。
寝屋川市においては4月21日現在12例の新型コロナウイルスの感染者が報告されています。

【寝屋川市】4月21日寝屋川市で12例目の新型コロナウイルス感染症陽性患者が確認されました。集団感染があった病院の関係者と接触歴があったようです。

さらなる感染拡大を防止するため、広瀬けいすけ市長が動画で市民に呼びかけています。

こちらは手話バージョンです。

寝屋川市では、全国に先駆けてハーフマラソンの中止を決め、4月3日から自宅待機要請を出しています。
人口23万人超の都市で4月21日現在12人の感染者に抑えられているのは市民の行動の結果と言えます。
広瀬けいすけ市長
広瀬けいすけ市長は、強力なリーダーシップで寝屋川市民のいのちを守ろうとしてくださっています。
大切な人の命を守るためひとりひとりが自宅待機に協力し、これ以上の感染拡大をさせないよう努めましょう。
寝屋川市役所

寝屋川市役所はここ↓

2020/04/22 15:30 2020/04/22 17:47
neyamon
ジモネタ寝屋川
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら