【寝屋川市】日之出商店街に『スパイスバル サウンドブーツ』がオープン!本格ネパールカレーが味わえます!ステージも完備!

日之出商店街に『スパイスバル サウンドブーツ』がオープンしています。
昨年までは大阪市西区阿波座で本格ネパール料理とライブが楽しめるお店として営業していましたが、この度、寝屋川市日之出町に移転オープンしました。
緊急事態宣言により2021年6月20日まで営業内容を変更していましたが、6月21日からのまん延防止等重点措置に基づいてゴールドステッカーを申請しての営業内容、時間などが発表されました。

お店の前にはコントラバスやギターが飾ってあります。
気になるお店の中はどうなっているのかと申しますと……。

まん延防止等重点措置に基づいてテーブルは2人席、パーティションによる仕切りなどが施されています。

ステージには、ドラムセットやキーボード、スピーカーなどが揃っています。
スクリーンも設けてあり、音楽ライブでの利用の他、eスポーツやドローンの大会などでの利用、各種会合やパーティー、会議などにも利用することができるようになっています。

DJブースもあり、機材も充実しています。

この建物は十数年前まで日之出商店街の中心的な店舗だった天満屋があったところです。長期間使われていなかった店舗のため、店内の改装にあたっては大阪電気通信大学の工学部建築学科の学生さんたちが学びながら様々な工夫が施されて新しい空間が生まれています。
また照明の変化によっていろいろなシチュエーションで利用できるように考えられています。

奥のスペースではドリンクバーやスープのおかわりができるようになっています。

この日は休店日でオーナーが新型コロナウイルス感染予防措置の準備をされているところでした。

まん延防止等重点措置のため、2021年6月21日(月)~7月11日(日)までの営業時間は
ランチは11:00~14:30
ディナーは17:00~20:00
ラストオーダーは19:30
酒類の提供は19:00までとなっています。

ランチメニューはすべて800円(税込み)です。
ネパール人シェフによる日替わりのネパールカレーを始め、海老フライやとんかつ、ハンバーグなどメニューは豊富です。
ナンやライスは食べ放題、スープもドリンクも飲み放題となっていて、サラダもついています。

ディナーは時短要請中は20時までの営業となりますが、スパイシーな本格ネパール料理を楽しむことができます。
制限が解除されれば、イベントやライブを楽しみながら22時までお食事を楽しめるようになります。

場所は日之出商店街なので、大阪電気通信大学の学生さんたちが通る道となっていて、大学と地域の連携、商店街の活性化にも一役買う存在となります。

南側のお隣はペルー雑貨、楽器のANDINAです。

日之出商店街の北の入口の方にはアジアンレストラン ピノイがあります。
こちらもサウンドブーツと同じ会社が経営しておられます。

また次回にピノイさんのこともご紹介したいと思います。
日之出商店街には、和菓子のまねき、中華の兼六食堂、コーヒーこまめ、そしてANDINA(ペルー)、ピノイ(フィリピン)、サウンドブーツ(ネパール)など、様々な国の方が働き、いろいろな国の料理が楽しめる多国籍な商店街として注目を浴びています。

【寝屋川市】『フォトぶら』9月21日(土)の放送は寝屋川特集!ゲストは高橋真麻!日之出商店街に蛍原徹、アジアン馬場園、キム兄が訪れました!

【寝屋川市】9月21日のフォトぶらで紹介された日之出商店街の『ANDINA』さんに潜入!レッスンやオープンマイクもやってる楽しいお店!

スパイスバル サウンドブーツはこちら↓↓↓↓↓↓

2021/06/23 07:18 2021/06/23 09:47
neyamon
ジモネタ寝屋川
号外NET他の地域

編集部スタッフが読んでよかったと思う地域ニュース:トピックス

スマホで号外NETを簡単に見る方法とは?

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集