【寝屋川市】7月29日市立中学校の教職員が新型コロナウイルスに感染、副担任を務めるクラスの生徒と教職員全員のPCR検査実施へ。

2020年7月29日、寝屋川市立第十中学校の教職員(副担任)が新型コロナウイルスに感染、副担任を務めるクラスの生徒と教職員全員のPCR検査実施へ。

第十中学校

寝屋川市からのお知らせは次の通りです。

  市民及び保護者の皆様

寝屋川市立第十学校の教職員(副担任)1人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。
(濃厚接触者としての検査ではなかったために、結果判明までの休校はありませんでした。)
このことから、当該校は「新型コロナウイルス対策に関する対処方針」に基づき、本来、2週間の「完全休校」となりますが、1学期終業式の関係で7月31日(金)まで「完全休校」となります。

給食

ただし、当該教職員が副担任(マスクを外した状態で給食指導を実施)を務めるクラスの生徒全員は、感染した教職員との最終接触日(最終勤務日)から2週間となる8月4日(火)まで自宅待機をお願いします。

温かい給食

また、当該教職員が副担任を務めるクラスの生徒全員及び全教職員、さらに市保健所の行動確認の中で、特に必要と判断した生徒を含む学校関係者にもPCR検査を実施します。
なお、休校の間、学校施設を利用する全ての活動が利用できなくなります。

当該校におきましては、市保健所の指導により、教室等の消毒を専門業者により実施します。

詳細につきましては、学校から第十中学校の保護者の皆様に連絡があります。

第十中学校

市民の皆様へのお願い

<マスクの着用>
外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用してください。ただし、周囲の人との距離を十分にとれる場所では、熱中症対策のため、適宜、マスクを外し、十分な体調管理をお願いします。
<外食時の注意点>
特に、外食等の飲食を伴う場での感染が多く報告されていますので、マスクを外しての会話には十分に注意してください。
<公共施設使用時のお願い>
・スポーツ時のマスクの着用は困難なため、十分な身体的距離をとることができないスポーツについては、十分に御注意ください。
・また、マスクの着用が困難なカラオケ等の高唱行為においても十分に御注意ください。

新型コロナウイルス対策(市立学校園等・保育所感染)に関する対処方針

寝屋川市では、7月に入ってから新型コロナウイルスの感染が相次いでいて、市内の小学校においても関係者のPCR検査が行われています。
今年は新型コロナウイルス感染症による休校で新学期のスタートが遅れたため、夏休みも8月1日からにずれ込んでいましたが、それぞれのケースに応じて検査結果が出るまでは学校の完全休校や学級休業の措置がとられています。

【寝屋川市】市立小学校の児童の関係者に陽性が確認されたため実施した濃厚接触者の児童のPCR検査の結果は陰性。当該クラスは選択登校制にて登校再開。

【寝屋川市】7月27日、市立小学校の児童の感染で同じクラスの児童全員と学校関係者に実施したPCR検査の結果は全員陰性。当該クラスの児童は2週間の自宅待機。

【寝屋川市】市立小学校の教職員が新型コロナウイルスに感染したことに伴う担任クラスの児童と教職員のPCR検査の結果がでました。

市立小学校については、関係者の検査結果が陰性であったため、感染拡大を食い止めることができましたが、これから、寝屋川市立第十中学校の関係者のPCR検査が実施されますので、検査結果が出るまでは自宅待機となります。
寝屋川市内においても食事を共にする高齢者施設やグループホームなどで複数の感染が確認されていること、大阪府の吉村知事からも大人数での会食は控えてほしいとの要請が出ていることなどからも、マスクを外しての食事時の会話には十分注意してください。

寝屋川市立第十中学校はここ↓

 

2020/07/29 21:00 2020/07/29 21:05
neyamon
ジモネタ寝屋川
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら